REDCapとはAbout REDCap

REDCap(レッドキャップ)は、米国Vanderbilt(ヴァンダービルト)大学が開発したデータ集積管理システムです。医師、歯科医師、看護師など、IT専門家でなくとも誰でもWeb上でデータベースの構築と管理ができ、多施設からデータを簡単安全に集積できるシステムです。

  • Webベースの安全なシステム
  • セットアップが簡単
  • 多彩な出力形式に対応
  • 入力型、値の範囲、入力条件による表示項目の分岐制御などが可能
  • 監査証跡機能(変更履歴がログで残る)

その他、多数の機能があります。

岡山大学病院における活用

岡山大学病院は、Vanderbilt大学と正式にライセンス契約を締結し、システムの使用権が許諾され、岡山大学病院の皆様に使用していただくことが可能になっております。
岡山大学病院の研究者が主体となって行う研究に関しては、多施設共同研究として学外の方もご利用することが可能です。

REDCapの機能

REDCap(レッドキャップ)は、プロジェクト管理者と一般ユーザーそれぞれに下記の様な機能を有しています。

プロジェクト管理者用

プロジェクト管理者用

入力時チェック機能、CRF(Case Report Form:症例報告書)画面構築機能、ロール(役割)設定機能、監査証跡機能など

一般ユーザー用

一般ユーザー用

データ入力・編集機能、レポート出力機能、各種ファイル管理機能など

動画でご紹介

各機能の動画は、下記よりご覧いただけます。
※九州大学ARO次世代医療センター、神戸大学臨床研究推進センターのご厚意により利用させていただいております。