利用までの流れHow to use

REDCapを利用開始するまでの院内の流れを記します。

1. ARO支援申請

研究者(または事務担当者)は、新医療研究開発センター内の「ARO支援申請」フォームに必要事項を記入し、申し込む。
※この段階で費用の発生はありません。
※5稼働日以内に新医療研究開発センターデータサイエンス部から申請者に連絡いたします。

2. 事前相談・見積提示&テスト利用(1ヶ月間)

事前相談(対面or Web会議)として、データサイエンス部担当者が「REDCapとは」ページ内資料・動画および利用規約を用いた説明ならびに利用想定規模等をヒアリングさせていただき、見積を提示いたします。

以下に見積例を記します。

見積例

企業資金のない、人を対象とする医学系研究に関する倫理指針下で実施される臨床研究の見積例です。

項目 単位 単価 数量 小計
システム管理 1ヶ月あたり 5,000 12ヶ月 60,000
サーバ・ネットワーク使用料 1ヶ月あたり 2,500 12ヶ月 30,000
ヘルプデスク利用料
(基本料金、月3回まで)
1ヶ月あたり 2,000 12ヶ月 24,000
ユーザー管理業務 1ヶ月あたり 2,000 12ヶ月 24,000
合計(税抜) 138,000

事前相談後、「まずは試してみたい」となりましたら、テスト利用も可能です。

※テスト利用期間:1ヶ月(延長なし)
※テスト利用には別途申請が必要
※テスト利用期間中の質問は、専用フォームから可能

3. 正式利用申請

正式に利用を開始したい場合は、新医療研究開発センターデータサイエンス部のREDCap運用チームがご案内するプロジェクト申請フォームに必要事項を記入し、申請します。申請前に「利用規約」を必ずご確認ください。申請を行った段階で利用規約に同意したものとなります。申請情報を基にデータサイエンス部担当者がアカウントを作成し、情報を研究者および事務担当者に連絡いたします。この時点で利用開始となります。